6月18日 猪苗代湖練習会

2017年06月20日

前週・前々週、強風・荒天のために中止となってしまった猪苗代湖練習会。

その悔しさを越えて、3週間ぶりに練習会が開催できました!


この日は新白河から3名、郡山から2名の初参加者を迎え、総勢18名での賑やかな練習会になりました。

こうして輪が広がっていくのは嬉しいですね。

ウォーミングアップを兼ねて、"人間知恵の輪"ゲーム。

小中学生10人が繋いだ輪を、20歳以上のオトナがサポートしてほどいていきます。



そして、いよいよドラゴンボートに乗艇!

初参加の小学生女子5名と3年間の経験がある小中学生5名がペアになり、隣りに座ってパドルの持ち方、足の位置、漕ぎ方などを教えていきます。

太鼓&舵のオトナは、その様子を見守るのみ。

教える側も教わる側も、それぞれ試行錯誤を繰り返して少しずつ上達していく。

「どうやるんだろう?」「どうやったら伝えられるだろう?」

アタマに汗をかくことも、ドラゴンボートの醍醐味の一つです。




乗艇後30分。

あっという間に、ここまで漕げるように!

みんなのリズムが合って、グングンと進む感覚が分かってくると、さらに舟はパワーアップ。

初参加者が半分を占める舟とは思えない艇速が出るようになりました。



お弁当を食べて、午後の練習に備えてひと休み……と思いきや、一緒にボートを漕いでココロの距離が一気に縮まったみんなは、すっかりアクティブモードに。

自然発生的に始まったビーチフラッグ大会。

砂浜の上でスタート&ダッシュ。

これは足腰も鍛えられるし、瞬発力も身につくことに。



午後は「べこラビ様」の誕生を記念して、「赤べこラビッツ」が復活!!!

男子艇(漕手6人)と女子艇(漕手8人)に分かれての対抗戦。

約150m先のゴールを目指して、Are you ready? Attention. Go!

男子艇は25歳以上のオトナ漕手2人を含む経験者中心なのに対して、女子艇は初参加者5人に経験者中学生2人+高校生1人。しかも太鼓&舵もフレッシュな2人!



ドラゴンボートは、パドルを使ってココロを合わせるスポーツ。

カッコイイ姿を見せようとパワー全開で漕ぐ男子(特にオトナ2人)に対して、お互いに声を掛け合って"女子会"さながらの一体感を生み出す女子艇。

スタート直後はパワーに勝る男子艇が先行するのですが、息の合った女子艇がグングンと追い上げる形に。。。


対戦成績は、1勝1分けで女子艇に軍配!!!

やっぱり「赤べこラビッツ」は強かった…




梅雨の季節で天候が心配ですが、また猪苗代湖にみんなで集まりましょう。

[ぽち]